2014年12月11日木曜日

PM Abe is a stockholder of MUSASHI-vote counting firm! 安倍首相がムサシの大株主!不正選挙、ここまでとは!



The counting system of the upcoming Lower House national election is depends on MUSASHI.


Amazingly, PM Abe's father was a major stock holder of MUSASHI company.

 Secrecy Law to be implemented on this timing for hiding the MUSASHI scandal!?









Journalist Mr. Shunsuke Funase said,
"Let's keep chanting, MUSASHI, MUSASHI!"


この合法的選挙で日本は独裁国家に代わる。


ヒトラーは言った「我々を選んだ国民の自業自得だ」


Through this "so-called legal" election, Japan will turn to be a dictatorial country.

Hitler wisely said, "It is the natural consequence of people who chose us."





コンピュータソフト会社のムサシ。
MUSASHI, the computer software company...


なぜ前回自民党が圧勝した?
Why did Liberal Democratic Party made landslide victory in the previous election?




大株主が安倍晋太郎、安倍首相のお父さん。
Because Mr. Shintaro Abe, the father of Prime Minister Abe, is a big stock holder of MUSASHI.


一国の総理大臣の持ち株会社が一社で集計している。
A nation's Prime Minister's holding company is doing the caliculation of votes in a monopolized manner.




前回の都知事選と衆院選、都内で同時にやったのに、投票数が140万も違っていた。
In last time's Lower House election, Tokyo Governor's election was also held simultaneously at the same places, but the number of votes had 1.4 million gaps!




それを集計したのもムサシ。
This calculation was done by MUSASHI.




さらに原発反対議員が皆落ちた。
All the anti-nuclear delegats lost their seats.




さらに日本未来の党の1000万票が全部、消えた。
Some source said, Japan Future Party got 10 million votes but they were all vanished.




総理大臣が株主の集計会社が一社でやっている。
The Prime Minister's holding company is conducting the vote counting all by itself.




選挙の中立性が破たんしている。
The neutrality of election is completely collapsed.


一人で自由自在だ。
The Prime Minister can do all he wants.




なんのために投票するんだ?



If that is the case, why on earth do we have to go voting?

だから「
ムサシ!ムサシ!」というしかない。

So all we need to do is to chant, "MUSASHI, MUSASHI!"



高橋さんという大阪の37歳のジャーナリストが決定的な証拠を得たら,
某宗教団体の青年部と「よこせ、よこさない」のもみあいになり、「ギャー」と声が聞こえ、7階から投げ落とされ、警察も自殺にしてしまった。

A journalist called Mr. Takahashi (37)* said that he obtained uncompromising evidence of the fraud election by MUSASHI, and then young member's assocciation of a certain religious group went into his apartment and demanded to hand in the evidence. 


(注:これについては46歳の前原さんのようです。下に日経の記事とブログを載せました。それと容疑者が一人2014年11月に捕まっていますので、警察は自殺にはしていませんから、この部分は船瀬氏の勘違いと思われます

*Note: As for the journalist, it turned out to be Mr. Maehara (46) and the related Nikkei Newspaper article and a blog article is attached below.

It was not made as a suicide by the police and one suspect was arrested in Nov 2014, but the truth is yet to be known.



There were some struggles and a shouting voice was heard from the apartment building, and the journalist was thrown out of the 7th floor window.

The police made the case as a suicide.



何が民主主義だ!公正だ!


Where is democracy in Japan?

What does "fair" mean in Japan?


********************************

One mistake, the name of the 37 year old journalist was Mr. Maehara, not Takahasi.
上記の7階から転落死させられたジャーナリストは、高橋さんではなく、前原さんのようです。

From Nikkei Newspaper日経記事よりhttp://www.nikkei.com/article/DGXNASDG27030_X20C13A7CC1000/

府営住宅から男性が転落死 大阪、2人組立ち去る

A man killed by falling off the apartment complex.  2 men were found to have left the site


2013/7/27 20:48

 

26日午後1時ごろ、大阪市住吉区苅田4の府営住宅の7階から男性が転落し、約5時間後に搬送先の病院で死亡した。転落した直後に2人組の男が現場から立ち去るのが目撃されており、大阪府警捜査1課は殺人事件の可能性があるとみて、男らの行方を捜している。
Around 1 pm on 26th, a man fell off from the 7th floor of Osaka Prefectural Apartment Complex in Osaka City, and died approximately 5 hours after that in a hospital.  Immediately after he fell off, 2 men were found to have walked away from the site, and Osaka Police Investigation Section 1 is looking for the 2 men who may be related to a possible homicide case.
 
 同課によると、男性は同市淀川区新北野3の無職、前原政介さん(46)。司法解剖の結果、死因は全身を強く打ったことによる急性外傷性ショックだった。
According to the police, the man was Mr. Masasuke Maehara (46) with no occupation. The result of forensic autopsy showed that he died of acute traumatic shock by hitting his body hard to the ground. 

 通行人が叫び声を聞いて府営住宅を見上げたところ、前原さんが7階廊下の手すりにぶら下がっており、間もなく駐輪場の屋根に落下。別の通行人が、直後に男2人が7階付近から非常階段を下り、駐輪場に止めてあった自転車で走り去るのを目撃した。言い争うような声を聞いた府営住宅の住民もいたという。

A passerby looked up the apartment building to find Mr. Maehara was hanging on the handrail of the 7th floor with his hands, and soon he fell off to the roof of bicycle parking. 

Another passerby saw 2 men coming down the emergency stairways and grabbed their bicycles to run away from the site.

A resident heard some argument.

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/07/blog-post_29.html?spref=tw&m=1


2013年7月29日月曜日

July 29, 2013

大阪住吉区の府営住宅7階からの転落殺人事件は安倍カルトの不正選挙の証拠隠滅工作だった!

The murder of a man falling off the 7th floor in the Osaka apartment complex was a manipulation to destruct the evidence from Abe supporting cult group!


 
The spot where the man got killed.

Investigation started with suspicion of homicide

He was hanging on the rail of the 7th floor and fell to the roor of bicycle parking

2 men ran away right after Mr. Maehara fell off.

大阪住吉区の府営住宅7階から落とされ殺された前原さんは、リチャード輿水先生のファンで、今回の参議院選挙に行われる不正選挙を暴くための準備を万端に整えていた。デジカメ、ビデオはもちろん、メガネについているマイクロカメラもスパイショップで買い、この不正選挙を楽しみにしていた。そして彼は、選挙の日に投票所に行き、投票箱を見張り、その投票箱を車で追跡し、開票所でも粘った。そして彼は、念願の不正選挙の決定的な証拠をカメラやビデオに収めた。

Mr. Maehara who was a fan of Mr. Richard Koshimizu was forced to fall off from the 7th floor of Osaka apartment complex.  Prior to this, he was well prepared to expose the fraud of the election in the Upper House.  He got equipped with a digital camera, video tape, microcamera embedded in glasses which he purchased at a spy equipment shop, and was looking foward to the upcoming fraud election. 

On the day of the election, he went to the voting site, watched over the ballot box, and followed the ballot boxes and stayed at the ballot counting office.  Then he finally got the evidence of fraud election in his camera and video.

しかし、それを嗅ぎつけたCIA安倍カルトと創価学会暗殺部は、慌てて彼の住む府営住宅7階に向かった。そして彼に「不正選挙の証拠として取ったカメラとビデオをよこさないと殺すぞ!」と脅した。しかし、彼は断固として拒否した。怒り狂った創価学会暗殺部は、彼に対して殴る蹴るを繰り返した。そして、彼の部屋をあさりカメラやビデオを奪い、そして彼を部屋の外に連れ出し、創価学会暗殺部のマニュアルに従って、いつものように7階から彼を放り投げた。

However, when cult member supporting Prime Minister Abe (related to CIA) and Soka Gakkai assacination team who found that out, they dashed to head toward Mr. Maehara's room on the 7th floor of the apartment building.

And they threatened, "We will kill you if you don't pass over the camera and video you captured the evidence of the fraud election!" 

However, Mr. Maehara refused.  The Soka Gakkai assacination team repeatedly bullied him by kicking and punching.  And they searched for the camera and videos and took him out of the room and threw him out of the 7th floor in accordance with the manual of Soka Gakkai assacination team.


あるソースによる近所の人の話によると「この野郎!早く不正選挙の証拠を取ったビデオを渡せよ!」という怒鳴り声の後に、人が壁に叩きつけられる様な音がし、その後「この野郎!早くしないと殺すぞ!」という怒鳴り声がしたという。そして、この近所の人が最後に聞いた叫び声は、7階の手すりにぶら下がっていた男が「あの選挙は不正選挙だった~!」と一言叫んだ後、地面に落ちて行ったという。

According to a source in the neighborhood, after the shout saying, "You son of a bitch! You should pass your video as the evidence of fraud election!" and then there was a sound of a man who was beaten against the wall, followed by another shout, "I will kill you if you don't hurry up"
 
The last cry the neighboring resident heard was, "That election was a fraud!" from the man who was hanging on the rail of the 7th floor and then he fell to the ground.


************************************************************




12月10日(水)から秘密保護法が施行された。
On December 10, the notorious Secrecy Protection Law is to be implemented in Japan.
そして以下のツイートもありました。
がおがお(°□°;) ANTI NWO! @gaogao_o  ·  12月3日

. 特定秘密保護法の施行日を2014年12月10日にした理由 ~不正選挙機密情報漏洩への罰則強化 .



There was an interesting opinion why the Secrecy Law is to be implemented on December 10, 4 days prior to the Lower House Election.


The government may aim to conceal unjust counting of election votes and shut the mouth of people who are engaged in computer work for counting the vote.




選挙の票の集計は大丈夫なのだろうか?秘密保護法もこれを隠すためにこの時期か?


→ところが、ムサシという会社は、とんでもない会社だった。...

安倍首相の父親が、なんとムサシの大株主だった。父親は、すでに亡くなっている。だから、今は安倍首相に遺産相続されているはずだ。http://pocopocohead.blogspot.jp/p/blog-page_795.html



"MUSASHI is an outrageous company...Prime Minister Abe's father is actually a MAJOR STOCKHOLDER of MUSASHI.  The father passed away, so the current Prime Minister Abe must have inherited the stocks."







        

一国の総理大臣の持ち株会社が選挙の集計システムを独占している  >不正とつじつま合わせの300議席をマスコミが報道。インチキがばれないよう布石を打っているとしか思えない。国民は開示請求できる権利あるはず。

"Isn't it outrageous that a Prime Minister of a nation monopolizes the vote counting system, of which company's stocks are largely owned by Prime Minister Abe."

"Currently, major media are broadcasting ruling Liberal Democratic Party is going to win 300 seats, which solely seem to spread lies so that the unjust manipulation of the upcoming election cannot be revealed...People of this nation should be entitled to have the right to disclose the upcoming election's votes."

東京の都知事選でも、自民党の舛添要一氏が、前知事自民党の猪瀬氏の投票の48%という票をすべての東京23区で取得していたと言う驚愕の事実が!!

In the Tokyo Governor's election in 2013, Liberal Democratic Party Mr. Yoichi Masuzoe obtained 48% of the votes obtaned by the former Governor Mr. Inose in all the Tokyo 23 wards!

埋め込み画像への固定リンク








***********


Bloggers to be punished??


ブロガーも処罰対象??




以下の記事を見つけました。万単位のアクセスをされているブロガーも処罰対象になると言う話です。本当に恐ろしい!
I recently found the following Japanese newspaper article, which stated that bloggers will be subject to punishment.  How horrifying!!






Twitterで画像を見る
しんぶん赤旗、2013年11月15日
Nov 15, 2013, "Akahata" newspaper


日本語でさらなる詳細と説明はこちらのブログにもあります。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2485.html


*************************


ブロガー処罰、政府否定せず
Punishment of the Bloggers Not Denied by the Japanese Government


ブログ(簡易ホームページ)で時事評論などする人(ブロガー)が秘密保護法案の対象となり、処罰される可能性について、内閣官房の鈴木良之審議官は、14日の衆院国家安全保障特別委員会で「個別具体的な状況の判断が必要で一義的に答えるのは困難だ」と述べ、否定しませんでした。
公明、国重徹氏への答弁。


On Nov 14, 2013, Cabinet Office Councilor, Mr. Yoshiyuki Suzuki did not deny the possibility of punishment against bloggers (critics on political matters on blog=simplified webpages) as subjects of Secrecy Protection Law.  In the Special State Security Committee in the Lower House, Mr. Suzuki stated, "It is difficult to provide an uniformed answer due to necessity of judgement on individual case." responding to the question by Diet member Mr. Toru Kunishige from Komei Party.  

鈴木審議官は「ブログが不特定多数の人が閲覧でき、客観的事実を事実として知らせることを内容とし、ブログに記事を掲載している者が継続的に行っている場合には、(秘密保護法案の)『出版または報道に従事する者』に該当する場合がある。」と述べました。

Mr. Suzuki said, "If a blog with objective facts can be read by unlimited number of people and the blogger continues to put his/her articles on the blog, he/she can be fall under the category of those who are engaged in publication or journalism."

行政機関が特定のブロガーを「出版又は報道に従事する者」に該当しないと判断した場合は、処罰対象となることが明らかになりました。

In another word, it was revealed that if the government administration specifies that a certain blogger is not applicable for "those who are engaged in pulication or journalism", he or she could be subject to punishment.



*******




2014年11月28日金曜日

沖縄大学で話をさせていただきました!機会を頂き、また学生さんにもよい感想たくさん書いて頂き、感謝!

このような機会をくださった担当教官の先生に感謝!
久しぶりに学生さんの前で話をさせてもらい、緊張すると同時に、嬉しかったです。。。
授業の後、良い感想もたくさん書いて頂きました。。。(ありがとう!)









私が反原発運動をすることになったきっかけと欧州ロビー活動の話。
沖縄の人に影響が出る可能性のある  川内原発の話もしています。
建設前から断層見つかり、ボーリングコアを入れ替えていた!指摘した学者は自民党員から刑事告訴を受けていた!




~ラフな文字お越し~
今マスコミが原子力と被曝問題全くやらないんですね。気づかれている方どのくらいいるかわかりませんが。
いろいろやる時には、今年からカメラをもって活動している。
竹野内真理と申します。フリーランスジャーナリスト。
原発問題は99年からやっています。


もともと市民運動のきっかけは。。。皆さんがうらやましいです。学生の時から講演が聞けて。
私も学生の時、なにか人の役に立ちたいとは思っていたが、当時は情報の時代でなかったので、何をしていいかわからず。
恥ずかしながら活動しだしたのは30になってからでその前は何もしていなかった。


きっかけは98年。イラク戦争で劣化ウランが使われたが、放射能が入っているのに、核兵器となっていない。米国でも健康被害が出ていてイラクはなおさら。
そういった講演会を大人になってから見て、赤ちゃんの写真を見て涙が止まらないくらいショックを受け、なにか私にできませんかと尋ねた。
英語を仕事にしていたのでボランティア翻訳を始めることに。
翌年、99年には米国から事故で被曝してしまった科学者が来て反原発の話をした。
電源喪失、メルトダウンへのメカニズムと、直後には死者はあまりでないが、数年後にどのくらいのがん死者が出るかのシミュレーションを米国はしていて、それを聞いて驚いた。
買ったばかりのコンピュータで英語で懸命に話を打ち込んだ。http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-31-y2k.html
打ち込んだ英文を日本語に翻訳しながら涙が止まらないくらいのショックを受け、それから原発の活動にのめりこんだ。


市民活動無経験の私が無謀だった。今も無謀なのは変わらないが。。
2000年問題って聞いたことはありますか?2000年になるとコンピュータに不具合が生じ、いろんなところで事故が起きるのではないかという話。石油タンカーとかでも。。クリントン大統領が食料備蓄までしていた。


私が2000年問題で原発が危ないと言う話を聞いたのは99年6月であと6か月しかない。
講演を一緒に聞いていたおじさんが、首相官邸に知り合いがいると言う。
それで「だったら連れて行ってください」とお願いしてどかどかと尋ねた。


『カウントダウン・メルトダウン』という本に福島事故後、官邸内が機能していなかったことが詳述され、内閣危機管理監が出てくるが、なにもできないでいた。
当時内閣危機管理監に「日本の原子力は絶対安全!馬鹿を連れてくるな!」と追い出された。
小渕首相は内閣調査官からのきちんとした手紙でよい対応をしてくれた。(ただし結論は安全というもの)


その後、官邸がだめなら日本国内ではらちが明かないと言う事になり、欧州に言って訴えたらどうかと入れ知恵をした人がいて、行ってみたら誰も一緒に来ない。
(注:5人一組で欧州7か国を回ろうと無謀な計画を立てた人がいて、この時私は欧州7か国を一人で廻りましたが、活動をほぼ終えたドイツ一国では、他の人々がJoinしたものの、内輪の国際会議をしただけで、この時より私は一人の方が案外できることもあると思うようになりました。)


行きついたのが欧州議会。米国の資料をもって2000年問題と原発問題が大変だと言ったら、緑の党のエネルギー担当が「僕も大変だと思っていたが、なんで誰もやらないのか不思議に思っていた。来てくれて感謝している。資料も感謝」といってすぐに決議案を書いてくれた。


そして2か月後に満場一致で可決された。(注:この時、私は「人種差別で有名な右翼の政党を除き、すべての党の担当者に訴えると言う、ロビー活動を行いました。」)


この時、資料も読まずに追い出す日本の高官の対応と欧州の対応の違いに驚いた。


いちどWikipediaが立ち上がりそうになったが削除されたが、GooのWikipediaがあるのでそこに書いてあるので興味のある方はどうぞ。http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%AB%B9%E9%87%8E%E5%86%85%E7%9C%9F%E7%90%86


その後私は反原発団体で最も大きな原子力資料情報室の国際担当として半年翻訳などして勤めた。(細かい話はこちらhttp://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html


奇妙なことがいろいろ起きた。私がいた時(2001~2002年)には、プレート境界の直上にある浜岡原発が2度大事故を起こした。原子炉からの水漏れと緊急冷却装置ECCSにつながる配管が爆裂し、私は「地震と原発」を情報室の活動に入れないのかといくら問うても入れてくれない。


それから六ヶ所再処理工場(福島の放射能の60倍以上の核燃料がある)が稼働する前、村長が自殺したと言う事件があり、その後反核の村長立候補者が出たが、この団体もマスコミも動かなかった。


沖縄はラッキーである。辺野古の問題できちんと未来世代を守るためやってはならないことが、きちんと争点になり、住民が闘っている。


ところが福島では県知事選で、「子供を避難させろ」と言う井戸川氏が大敗。完全に押さえつけられており、市民団体からおかしい。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/10/1026vote-for-idogawa-who-care-health.html


六ケ所村に話を戻すと、推進の人の自殺だって可哀想だし、反核の候補を応援しないのもおかしい。個人で応援に行って帰ってきたら、首になっていた。怖くて福島の事故が起きるまで私も黙っていた。


情報室は子供の被曝についても言わない。頭に来て拡散するしかないと。命を狙われてしまってもおかしくないが、拡散するしかない。


解雇されたことより、情報室の人間(注:共同代表の一人)が、「竹野内が解雇されたと勝手に嘘を言っている」と嘘をつかれたことにさらに頭にきた。


今『日本と原発』という映画が広まっているが、情報室の役員の弁護士2人が作っている。
反原発や反被曝の問題については大きな団体の有名な人々が市民活動を牛耳っているが、私は信用していない。


残念ながら、国内でも国外でもそうであり、気味が悪い。


考えてみて下さい。原発は国連でさえも賛成している。国の中で団体としてやっていけるところは法人になれない。情報室もNPOだと思うが。


私がいた時には予算の半分は米国の財団から来ていた。しかし反原発ではなく、核兵器反対なだけ。


かつて仲良くさせてもらっていた広島の翻訳家、大庭里美さんも「広島はだめだ」と一人で闘っていた。広島は核兵器の問題は言うが、反原発は言わないのだ。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/on-day-of-hiroshimanagasaki-please-save.html


事故後も去年と今年、広島の日に、福島の記述がなくなっていた。被曝団体も安倍首相に福島の子どもの話をしない。


次がIAEA、国際原子力機関に直訴に行った時の話。IAEAが大元締めで国連の中にある。安全保障理事国に直結した機関で力が強い。


私はIAEAには事故前にも行って、「チェルノブイリは西洋の原発と方が違うと言うが、日本に関しては地震があるから、日本でもし事故があったら原子力業界大変ですよ。そうなる前にどうにか日本の原発を止めてくれないか」、と言いに行った。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html


すると原子力安全部の人々は「安全だ。大丈夫だ」の一点張りで、技術的な話も全く通じない。


ただ、面白いことに、たまたま私が通訳仲間でIAEAのインターンをしていた若い女性がいたのですが、その人に紹介されたIAEAの別部門の男性に、「お仕事終わるまで待っています」と、時間外にビールを飲みながら待ち、ざっくばらんに話をする機会を得た。


するとそのIAEAの男性(日本人)はこう言った。
「竹野内さん、この問題はあまりに大きすぎてどうにもならない。僕は日本人が500万人死んでも仕方ないと思っている。」と2002年の時点で言われた。
「まだ事故は起きていないのです。どうにかしてください。」と私。
「原発をつくる時点で地震国であることはわかっていたんですから。日本人全員が原発止めろと言わない限りは止まらない。」
「あなた家族は日本にいるのでは?」
「いや、僕は家族は皆、オーストリアに、ウィーンに連れてきています。」
「あのでも日本がめちゃくちゃになり、どうにもこうにもならなくなったら、産業界が一番大事にしている経済が立いかなくなるのでは?」
「いえ、日本は輸出国ですからね。日本がつぶれれば、逆に世界経済は活気づくのではないですか。」
とんでもない話を聞いたと思ったが、これが現実だと思った。


今川内原発を動かそうとしているが、とんでもない話である。
トップに言ってもどうにもならないということがわかったので、じゃあ、下の方から何かできないかと思い、千葉県松戸市の出身なのですが、松戸市議会選挙に出馬しました。


はずかしいですけど。。。なんでかというと、2002年のポスターですが、何が言いたいかというと、歴代の地震がここで起きていますと言う事、原発の位置も含めた地図、それからいま止まっても電気足りていますね。前からわかっていたことでグラフ化したものを情報として出したかった。


選挙となると広報が配られる。松戸の世帯数は17万、それで配られればみんなびっくりして動くのではないかと思った。でも落選してその後も大した動きなし。


松戸や千葉は保守王国。この間山本太郎さんがどなたかの応援をしていたが、ひとりふたりいいことを言う人があっても多数決で潰されてしまう。


それから2007年に新潟沖地震があった。この間長野であったが、あの辺も怖い地域である。
柏崎原発から煙が出て、3600か所の不具合が出た。東電が一時期柏崎を動かすと言っていた時はキチガイ沙汰だと思った。


以前TV制作会社でバイトをしていて、TBSの報道特集で柏崎については番組を作ってもらったことがある。


国は確信犯ですべて知っていてやっている。


番組を作るにあたり、私が通い詰めていた地質学者、生越忠先生という人いる。ずっと原発反対で建設前から地盤調査をしていた。柏崎は油田があったので、詳細な掘削地質調査も行っていて、活断層があるのは当時からわかっていた。


川内も同じでわかっていたのに原発作った。生越先生もたくさんそういうことを書いている。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/scandarous-sendai-npp-to-restart.html


生越先生に関しては、たまたま、沖縄大学名誉教授の、故・宇井純先生と『大学解体論』という本を一緒に書いたことがある。「東大など潰してしまえ」という内容である。


沖縄の皆さんには、近いのは川内原発と台湾原発である。
川内原発の周辺で97年、震度6弱が起きている。生越先生は、建設前に掘って断層だらけでこんなところに作っちゃだめだと言っていたのを九電が作ってしまった。
97年の地震で断層の存在は証明されたが、また無視している。


断層だけではない。なんとボーリングコアまで入れ替えていた。地元の農家をしている人が内部告発をしたのだ。固い地盤をサンプルとして差し換えて提出し、ボーリングコアで実際に取った軟らかい地盤は、自宅に飾ってあると言うのだ。


生越先生はそういったことも訴えたが、なんとその後、自民党員が訴えを起こし、生越先生は最高検察庁から、刑事告発を受けたらしい。国会討議にもなった問題であったのに。


新潟の問題については、私は週刊金曜日に怖いから男のペンネームで記事を書いた。
地震の後、さすがにIAEAも来て調査し報告書を書いたが、なんと保安院が翻訳でたった一文だけ抜き取ってしまった。「将来の地震で柏崎の地盤で2~3m隆起する場所が出る可能性もある」という文だった。そのような隆起があったら、配管は壊れる。
ということで、国は知っていて犯罪的なことをしている。




ちなみにチェルノブイリも地震で起きたという説がある。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_581.html
原子時計で事故の直前に地震は確かに起きており、生越先生も論文を取り寄せ、信ぴょう性が高いと。


それと私はかつてNHKの番組の通訳で、珍しくも反原発のNHK解説者、小出五郎さんと一緒にインドに行ったことがある。
小出五郎さんは、チェルノブイリ地震説のデンマーク国営放送を、あまり見られない時間帯にNHKで放送して解説した人だ。
私はご一緒した小出さんにもチェルノブイリ地震説の信ぴょう性について聞いてみたところ、「確実には言えないが、否定はできない」とおっしゃっていた。




















原発の制御棒が入らなかったら怖い!沖縄は台湾原発も怖い!
東京に居た私と息子も体調不良に!
そして私がなんと刑事告訴を受け、福島から刑事と検察が来た!


~ラフな文字お越し~


福島事故ではラッキーな点があった。制御棒が下まですべて入ったからである。


これが下まで入らなかったら非常に怖い。チェルノブイリでは下まで入らずに十数秒で大爆発が起き、中にある放射能が大拡散された。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_581.html
福島はその点、メルトダウンで何時間か猶予があった。日本でチェルノブイリ型の事故が起きたらどうなるのか。地震で制御棒が入らなくなる可能性は大いにある。


先日、台湾の後にフィリピンに行った。フィリピンは偉い。マルコス政権を倒した時、原発は建設されていたが稼働させなかった。
ところが今原発の可能性が復活してきて、無理とは思うが13か所もの立地候補がある。
そして東電、関電、東芝が投資に興味を示している。酷い話だと思う。


台湾の国際会議は2014年と2003年に行った。台湾と沖縄は昔、陸続きで、台湾はすごい地震国。九州くらいしかないところに原発が六基稼働中。通訳を頼まれていったが、会議場の目の前に台湾電力があって、休み時間に尋ねた。


直前に原発建設した人(菊池洋一さんの事:非常に詳しい)にあって情報を得ていたので、原発の見取り図を指しながら、「地震が来たらこことここが危ない。再循環ポンプなど非常に危ない」と話したら、エグゼキュティブが出てきた。
で、エグゼキュティブも驚き、後日、記者会見があるから、行政院長(日本の首相に当たると聞いたがよくわからない)の前で話をしてくれと頼まれた。


何が言いたいかというと、「お偉方が原発の危険性を本当にわかっていない」ということだ。


台湾で反核運動があるのはいいことだが、稼働していない第四原発に集中している。明日地震があったら危険である第一から第三の稼働中の原発に反対する人の数が少ない。私は先日行ってきたときに、反原発のリーダーたちに話してきた。(ここでも怪しい動きか?)


沖縄は川内と台湾原発が大変なので、情報を拡散してほしい。


私は後から言うが、情報を拡散されないようにされてしまったので、そうしてほしい。
(注:後から言っていないのですが、ツイッターがコントロールされ、フォロワーが減らされ、RTしづらくなっているのです)






ここからは3.11の話から。
民主党の幹事長をまた枝野氏がやっているが、彼が「ただちに健康に影響はない」というセリフを聞いて青ざめた。福島東北の人々に逃げてほしかった。


私は原発をやり始めたのは、電源喪失→メルトダウン→がんの多発だ。
「電源喪失」の文字をTVで見た時から青ざめた。


「何かできないか」と思った。緊急署名をつくったり、できれば外国人記者クラブでなんとか発信できないかと。本当はすぐ私も逃げるべきだったのだが。東北の原発周辺の人を逃がせないかと。
後から東京を3月15日10時から11時に放射能雲が通過したのを知った。


(生徒たちに)この中で東京で働きたい人がいたら、行かない方がいいと思う。かなり汚染されている。


当時私は1歳の子供をおぶって外にいた。よほど近くの人でないと、何か振ってきたり金属臭がしたと言う人はいない。私もまったくわからなかった。
ひと月したら、私と息子で症状が出た。


鼻血は出なかったが、水のような鼻水がだーと出た。その後、発熱。
私はお産が大変で体力が落ちていて産後はすぐに寝こんだりしたが、うちの子は健康優良児でなにもなかった。その時、一歳4か月。その子が13回も発熱を繰り返して全身に発疹も出た。
私は9度の熱が8日間も全く下がらない。普通は3日くらいで下がるものなのに、検査しても何も出ない。3か月も体調を二人で崩していた。


初期被曝が一番大変。静岡、山梨まで健康被害が出たと聞く。


私が放射能を逃れて沖縄に来た話は、オーストラリアの新聞に出て、また朝日がなぜか全国版のカラー写真付きで私の沖縄に来た話を載せた。後から罠があったことを知った。(詳細はこちらです→http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html)


沖縄県庁でも記者会見したり、なんだかこちらに来たらやたらちやほやされて、忙しくなり、当時は私が一番やりたかった「汚染地帯の子供たちを逃がしたい」と言う活動があまりできなかった。


食品問題も沖縄で測定所ができたと思ったら、個人的ないざこざがあり、知らない間につぶれていた。私は個人的ないざこざに巻き込まれたくなく、ステップバックしていた。
沖縄も福島のコメなどたくさん入っているので、外食など気を付けてほしい。


2011年11月に記者会見をした。5人の被曝者、広島、第五福竜丸、元原発労働者、福島のお母さん、私が出た。生協で60人くらいジャーナリストが来た。
ところが米英のジャーナリストは一人も来なかった。
NHKやTBSもTVカメラをもって入ったが、まったくニュースにならず。記者会見をしたからと言ってニュースにならないことが分かった。




これは中川恵一さんの本。「福島ではがんはふえない」とある。有名大学の学者が放射能安全論。これではどうしようもないと。やむにやまれず、苦手なコンピュータでブログを始めた。公開質問で御用学者を科学的に追及し始めた。
内輪で大変だと言っても、物事は変わらない。




2012年夏にエートスという団体を知った。この中で知っている人は?いないですね。
チェルノブイリの後にたくさんの子供たちが病気になったのは知っていますね。エートスという団体はNGOなのだが、資金はフランスの原子力産業が出している。


汚染地帯に行って、農業の専門家を呼んだり、線量計を持たせて、個人の線量を下げる努力をした団体。ところが5年後に見て見ると、現地の子供の重症患者数が10倍に増えていた。
つまり本当はその汚染地帯に居てはならないのに、工夫して住み続けようと奨励する団体。その活動の間に一番大事な子供たちの健康が害されてしまった。


不思議なことにエートスについては少しのフランス語と日本語でしか出ていない。こちらのコリンコバヤシさんの「国際原子力ロビーの犯罪」はこの問題を含めた素晴らしい本である。


英語ではエートスの情報はネットでも全くなく、私は英語と日本語で大発信した。
すると、2012年8月、近所におかしな人が現れ、当時2歳の息子を突然抱き上げた。私は叫び、近くにいた人がよってきて、警察に通報した。


それだけではない。官邸前デモの主催者の一人が「竹野内真理を処分してやれ」といった脅迫ツイートを拡散していた。彼らは再稼働反対は言うが、汚染地帯から子供たちを逃がせとは言わない。反原発の内部からもこのように攻撃が来るようになった。
(注:ちなみに福島集団疎開裁判の女性から電話があり、福島告訴団の有名なMさんが「竹野内さんにエートス批判を止めさせるように言っている」と伝えてきました。私は、「そのようなことを受け入れることはできない」と言いました。本当におかしな話です。。)


その後も国連への手紙を書いたり、NYでヘレンカルディコットという有名な医師が主催する国際会議に出席。なぜか「福島事故後の健康と環境への影響」という会議の題目に反して福島の健康被害をいう人はいなかった。


かろうじて、ランチセッションで話をしてくれと頼まれ、私は話をして米国人が記録をとり、今も出回っている。(注:ところがこれさえ、カルディコット医師の通訳でもある平沼百合氏が「竹野内が頼まれもしていないのに、強引に講演をした」とデマを流布していて大変悲しく思っている。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html


美味しんぼの鼻血の事件は知っていますか?風評被害だと言われて?あれ、いない。。。
福島で鼻血の人が出たか出ていないかが論争になったが、そのマンガで登場する松井英介医師が以前、私は誘われてフランス、スイスに行ったことがある。(フランスの団体もおかしな動きがあり、それについてはこちらhttp://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/11/why-no-lawsuit-focusing-on-health-in.html


シングルマザーで金持ちでないので、一緒に行こうと言われていくつもりはなかったが、どうせいくのだら、IAEAに健康被害を訴えようと思って行くことにした。面会は断られたが、手紙の返事は来た。私と息子の健康も心配してくれた。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html


もうひとつ国連科学委員会に健康被害を訴えた。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/even-belgian-delegates-got-mad-at.html
国連はチェルノブイリの経験もあるし、全く信用していないが、しらないふりを後からされたくなかった。


今年の1月、福島県警から電話があった。1月28日の夜だったが、担当刑事が帰った後で、29日に刑事告訴を受けたことを聞いた。
理由はエートスの同じ専門家が福島にやってきて、福島のエートスができたのを知り、とんでもない、人体実験と同じだとツイートしていたら、侮辱罪で刑事告訴を受けた。


実際、刑事が3人私のアパートに来て、翌日は那覇警察署の取調室で調書を取られた。
福島の刑事さんたちは感じが良かった。今までの活動を洗いざらい話した。また科学的なことも話した。事故前から被曝の本の翻訳をしていたので、科学的に議論する知識はあるつもりだ。
それで刑事さんにも抑えてほしいところは科学的にも抑えて、人体実験の根拠を話した。


刑事さんは最後にこう言ってくれた。「竹野内さんは僕の人生の先生見たいです。いろいろ教えてくれてありがとうございました」http://takenouchimariessay.blogspot.jp/2014/02/blog-post_16.html


でもその後に書類送検はされねばならなかったので、書類送検され、検察官も来た。
検察官はほとんど私の話を聞いていてガス抜きをしている感じがした。
でもエートス側の人を立てるような起訴猶予という結果。ただし文書には書いていなかった。


日本のマスコミはすべて無視した。フリーランスの人も含めて。すごくがっかりした。
国境なき記者団が書いてくれて、助けられた。http://en.rsf.org/japan-nuclear-lobby-still-gagging-11-03-2014,45980.html




川内原発もボーリングコアの話をした学者が同じ日、1976年1月29日に刑事告発を受けている。http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/scandarous-sendai-npp-to-restart.html
日本は原発問題で真実は言わず、国全体がコントロールされている。
マスコミはまったくやらない。


また弁護士もおかしい。嫌がらせ者の中に弁護士までいた!あまりにひどいので日弁連にも公開質問している。http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/03/to-jpn-bar-association.html


もうひとつどうしてもしらせたい事件がもんじゅ西村事件がある。
医療カルテで殺人事件が起きているのに、殺人事件として扱わなかった人が反原発の有名な弁護士にいる。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html
警察だけでなく、反原発の弁護士が隠していることがおかしい。


あと、ネット工作員に関しては、電通とか博報堂などが時給2000~4000円で派遣社員を雇っていると言う内部告発ブログがあった。罵詈雑言チームや安全神話チームなどに分かれ、学者などもつながっているらしい。電通だと電通連絡部というところがあるらしい。http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/2040-us-h-for-net-spies20004000.html




沖縄は別だ。辺野古問題があのように盛り上がり、選挙も盛り上がった。


本土は原発、被曝問題がヤバい。
ヤバいながらもやらねば、生き残れないのでやっている。
まずは情報収集、そして自分の所に貯めないですぐに拡散する事。
それから余裕が出たらブログに書いたり、語学ができる人は他の言語に訳す。
記事を書く。ジャーナリストは資格試験を受けてなるものではない。どこかに書けば、誰でもなれる。


マスコミが仕事をしていないのだから、良心を持つ市民がやらねばならない。
動画も自分で撮る事だ。動画をやる団体もあるが、嫌がらせがあった。ネット工作員を紹介されたりなど怪しいことが。それから期間が過ぎると格納されてしまう事もある。
だから自分で撮って拡散することだ。


ただし、国際会議やいろんなイベントはおおいに参加すべき。情報収集のため。
ただ私は経験から100%信用しない。


権力側に居たら、必ず団体には人を送り込むであろう。
反原発で100%信用できる団体はない。
また何かやる時には、いきなりやった方が妨害がはいらなくてよい。
今は道具がある。インターネットやブログが使えるからこういったものを活用すべき。

















市民活動は一人でもできる時代。(反原発や反被曝団体には怪しい人が入ることが多い。。。)
生徒さんからのQ&A。良い質問が多く、また感想もよいものをたくさんいただき、感謝です!


~ラフな文字お越し~


竹:(今は道具があるから一人や少人数でも)これは絶対必要と思う事は、どんどんやっていく時代だと思います。


司会:インターネットなどを使い、情報を集め、発信し、一人でも活動をしている竹野内さん。一人でもできる市民活動の話でした。活動するうえでの問題点や怖い事も話していただきました。
皆さん、新しい話も多かったのではないでしょうか?
残りの時間で質疑応答や感想をどうぞ。


竹 すみません、ひとりでべらべら話してしまって。


司会:いえいえ、そのために来ていただきました。


Q 先生のようなフリージャーナリストは日本にどのくらいいるのですか?


竹:いや~その答えは・・・わかりません。
私はただのおばちゃんで、先生でもないのですが。
でも、残念だったのは、エートスの刑事告訴を受けた時に、助けてくれた人々は皆、名がない人達でした。名があるジャーナリストは一人も助けてくれませんでした。
私は以前TV制作会社でバイトをしたこともあるので、ジャーナリストを知っています。ある人にメールで相談したら、こう返事が来ました。
「原子力をカバーしている人で竹野内さんの事件を知らない人はいないのだけれど、誰も身動きが取れないのです」と。
で、実際に身動きをとってくれた人は一人もいませんでした。
「再稼働反対」まではマスコミは言えるんですよ。でも「子供を逃がせ」が言えないんです。


琉球新報さんでさえ、沖縄の新聞は本土よりぜんぜんいいのに、一度記者さんが、エートスの事件を書いてくれることになり、記者さんはべた記事にはしない、三段抜き位にすると言っていたのが、上層部で結局止められた。(ちなみに沖縄タイムズは記者も出しませんでした)


しかも福島の健康被害は書けないと言う。


今、福島では103人の甲状腺がんの子供が出て、肺がん転移が2人も出ているというのに。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/08/2-thyroid-cancer-fukushima-kids-had.html


はっきり言って一時保養では間に合わない。


私の祖母は福島で、母は福島出身。福島は山に囲まれている。あそこに花粉のように積もってしまった放射性物質は風に吹かれて飛んでくる。あんなところに子供を居続けさせるのが信じられない。


当たり前の事なのに、それを言うジャーナリストを私は知らない。
良い質問でした。ありがとう。


司会:さっきも言ったように、誰か「私発信したいわ」と思ったらその人がジャーナリストですね。


竹:そうです。よほど有名な人よりも名もない人たちが助けてくれました。
ネット上でも。あとカンパも集まりました。
するとネット工作員が私を「カンパ詐欺」と騒ぎ立てましたが(笑)


本当に有名な人とか、弁護士さんでは特に大変な思いをしました。ブログを見て下さい。


原子力村の殺人まで隠す人が弁護士ですし、20万円やるから情報室を私が首になった事を黙っていてくださいと言ったのも弁護士。(注:「20万円で真実が語れなくなるのは嫌なので、頂きません」と当時はお断りしました)http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html


情報室には2人の弁護士の役員がいて、一人がもんじゅ西村事件http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.htmlでX線写真で骨ひとつ折れていないのに飛び降り自殺とされた事件を、刑事事件として扱わなかった人が一人、そして20万円やるので首になったのを言わないでと言った弁護士が一人。これらの人々が『日本と原発』という映画製作にまで関わり、反原発運動を牛耳っている。


ジャーナリストなら知っているはず。私も散々情報を出しているし。
それをよってたかって皆で隠している。


だから私はジャーナリストを信用していない。だったら一人で活動します。


司会:民主主義国家のはずなのですけどね。そうなっていない。少しはそこがわかったでしょうか。
沖縄だったら辺野古反対でも何も起きない。


竹:再稼働反対までならいいんですけど、「子供たちを逃がせ」が危険が及ぶ。


司会:朝日新聞も健康被害なしと報道しましたし。
竹:えええ、朝日が健康被害なかったと?いつの話ですか?
司会:何か月も前に。なしと決めた。でも実際は・・


竹:103人も甲状腺がんが出ているときに。3000数人に1人ですよ(注:すみません、実際は今、3000人以下に1人の計算でした)、事故前は多くとも10万人に0.6人なのに。


手術するとリンパ節とかにだいたい転移している。甲状腺がんは治るなんて言っているが、信じられない。子供のがんが転移していると言うのに。


司会:結論がもう決まっているんですね。学者先生たちはそこにもっていく論理にすごい苦労している。しかも権威が落ちないように。そういう学者とそうでない学者がいる。


竹:そういう学者が圧倒的に多いです。


司会:何も言わない人もね。


竹:ところで原子力は誰が導入したか知っていますか?読売新聞社の元社主がCIAのスパイで、ポダムという暗号名も出ている。早稲田大学の有馬先生が、「原発、正力、CIA」http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E3%83%BBCIA%E2%80%95%E6%A9%9F%E5%AF%86%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%98%AD%E5%92%8C%E8%A3%8F%E9%9D%A2%E5%8F%B2-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9C%89%E9%A6%AC-%E5%93%B2%E5%A4%AB/dp/4106102498で書いている。米国のCIAが入れたものだ。
史実としてわかっているのに、今度秘密保護法の座長が、また読売の社長だ。
Q:市民活動のきっかけが「劣化ウランの赤ちゃん」という事ですが、どのような先天異常だったのですか?
竹:形になっていない赤ちゃんもいました。人なのかどうかもわからないような。水頭症なんかもよく見られますし。すみません、医者でないので具体的に言えないです。ネットで検索するとあります。


でも国連が遺伝的影響がないことにしているんです。動物実験ではわかっているのに。劣化ウランに関しては国連が小委員会とかでは、影響があると言う決議案が出ているのに、IAEAが健康被害がないと公式発表していて、国連全体では否定している。


罪のない子供たちが。。。子どもとか赤ちゃんは口がきけない。だから怖い思いしても、子供たちのためにやらねばという思いは強い。


司会:福島の子供たちも、原発を建てようと決めていない。前の代で決まったものが後の代に影響が出ている。


竹:(中国の留学生に)すいません、中国ではどうですか?


中国の生徒:今、12基建設中です。


竹:私、中国の反原発活動家にあったことがないのですが、禁止ですか?


司会:禁止ですよ。(笑)


竹:すみません、ナイーブな質問を。中国怖いです。この間香港の人が言っていましたね。


司会:近いから注意しないと。


竹:日本が事故した後に、フィリピンもそうですが、アジアに売りつけようとしているのが本当に何とも言えません。







司会:自分の所で作れないものをよそにもっていくと言う。。



竹:米国もそうですよね、スリーマイルの後に。


司会:米国は日本に対してそれをやりましたね。


(チャイム)


最後に竹野内真理先生に皆さんでどうもありがとうございました~







****************
案の上、予想していたことではありますが、この動画を公開したら、ネット工作員たちがyoutube動画にNo goodのボタンを押し、また以下の虚偽内容のツイートを拡散させています。


以下の@lllpuplllは普段いいツイートをしながら、2年以上竹野内に対し、嫌がらせの限りをしてきたアカウントです。本当に気味が悪いです。(ここに彼のことは書いています。。。http://savekidsjapan.wordpress.com/2013/11/14/shady-people-on-twitter-attacking-me%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a7%e5%a4%9a%e3%81%8f%e3%81%ae%e4%ba%ba%e3%81%ab%e5%ab%8c%e3%81%8c%e3%82%89%e3%81%9b%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91/


新聞読むな!小沢一郎・亀井静香日本救え! ‏@lllpuplll 6時間前
○○○○(担当教諭の名前)(←誰かしらないけど)という女?も終わりでしょう。竹野内が矢ヶ崎克馬さんや、肥田俊太郎さんを罵り、広瀬隆さんをコメディアン扱いしたことを知らないのかな?:沖縄大学の吉井美知子教授は竹野内真理氏による一般人への誹謗中傷や罵倒


これに対する竹野内の返信
Mari Takenouchi竹野内真理 @mariscontact  ·  1時間前
あなたがたこそ、名誉棄損で訴えたいところです。私は広瀬隆さんをコメディアン扱いしたことなどありません。どうして虚偽のことを言えるのか? 矢ケ崎先生や肥田先生の件はあったことの事実を申し上げたまでです。共産党はエートスに賛同なのですよ!




(上記の@lllpuplllについてですが、まずは担当の先生に大変失礼。謝罪してほしい!
また私は広瀬隆さんの愛読者で上記のlllpuplllの発言は完全な作り話。


他二人の方々についても、私は事実を述べているだけ。根拠なく私を誹謗中傷し、罵倒するのは、匿名で卑怯なネット嫌がらせ者たちだと思っています。ネット工作員のように根拠なくののしる行為をした覚えはありません。以下のブログに書きました)


http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html







以下のブログにも書いた、「竹野内の福島出身の母も激怒している」いつもの嫌がらせ者たちがここにhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/2014/03/maibaba311ohagiyapromisedlandchlothilde.html


下谷七香氏(東北の復興を応援している株式会社ラフコの社長!)に関しては、うちの福島出身の母親もかんかんに怒っています。↓
     下谷七香 @rafcocc  ·  13時間前
これは沖縄大学に子供さんを通わせていらっしゃる保護者の方から学校に対して事情説明を求めるべきだし、場合によっては文科省に問い合わせた方が良い内容じゃないです?(´・ω・`)




この人物は、なんとネット上でセクハラを受ける私のことを逆に、「竹野内真理はセクハラ女」とデマを拡散した悪質な匿名人物↓


月子 @tsukiko0000 2014-11-29 14:45:41
「 えええええええ!!!!月曜抗議電話します!!!!」

この人物は刑事告訴下の竹野内をさらに他の人々で告訴してやろうと呼びかけた「自称福島からの避難母子」で福島出身のうちの母も激怒している→Mai @maibaba311 2014-11-29 17:54:16
「竹野内真理が沖縄大学の学生さんたちの前で話した事は事実と異なる部分が多く含まれている。沖縄大学は最後まで責任が取れるのか。抗議の電話をします。」


→思った通り、沖縄大学に複数の苦情電話が舞い込んだそうです。
竹野内に講義をさせたことで。。。担当の教授は気にしないとおっしゃってくださいましたが、上の方々に私は抗議したいと思います。




*******


思った通り、いつもの工作員が私の沖縄大学での講義に罵詈雑言、いつものようにまとめまで作っていたtogetter.com/li/751712#c169


(竹野内真理に対する罵詈雑言のまとめは今までなんと200以上作られている。全部読めない量だし、読む価値もない内容。)


許せないのが、ベトナム問題に以前から取組み、素晴らしい活動をしている担当教諭や、良い授業を提供する沖縄大学まで悪口を言っている事です。


**********


こちらのページは以下のブログにも掲載。
(ちょっと笑ってしまう)反原発ソングも入れた竹野内真理動画ブログです。
ご興味のある方はどうぞ。
http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/

2014年10月28日火曜日

辺野古計画は1966年から!沖縄ジュゴンは今たった3頭?Only 3 Okinawa Dugongs? Henoko Plan since 1966!

My English article is here. http://www.asiasentinel.com/politics/okinawa-us-marine-base-nemesis-dugong/
However, since "1966 Henoko Plan" was deleted by the editor, I am putting the original English version after the Japanese article.

週刊金曜日に寄稿しようとして没になったものです。(週刊金曜日はなぜか「エートス刑事告訴についても書かせてください」とメールでお願いしても無視でした。刑事告訴前には、逆にお願いされて書いたこともあったのに。。。涙)

Master Plan of Navy Facilities on Okinawa Ryukyu Island, 1966

辺野古の2本の滑走路も大浦湾沖の軍港も描かれている。


1966年から存在していた辺野古基地建設計画を巡る攻防

暴力事件、ジュゴン訴訟、県知事選

 

竹野内真理(沖縄在住フリーランスジャーナリスト)

 

海上暴力事件

 

「海上保安庁の隊員は、マスコミが海上で僕たちを見ていない時に『カメラマンがないんだからいま首は痛くないんだろ?』と2回も痛いと言っている僕の首を押さえつけました。そしてマスコミの船が近づくと、胸に手を当てて『大丈夫か』とジェスチャーしたんです。」

 

辺野古基地建設に反対し、辺野古沖でカヌーに乗っていた30代前半の男性の言葉である。辺野古沖でボーリング調査が始まった4日後の822日、男性は、海上保安庁のゴムボートにカヌーから無理やり引き上げられて船底に叩きつけられ、「首が痛い」と訴えた。すると、3人乗りの海保のゴムボートの隊員の一人が上記の行動をとったと言う。男性はこの隊員に名前と所属を聞いたが黙秘された。

 

陸に上がってもこの男性は痛みが取れず、事情を聴いた仲間たちの助言で病院に直行した。「頸椎捻挫」全治10日間という診断が下り、首にコルセットをつけねばならなかった。琉球新報と沖縄タイムズという地元の2大誌ともにこの事件は写真入りで報道され、地元ではニュースとなり、NHKも沖縄版では取り上げている。

 


823日、沖縄タイムズ紙より(写真撮影は豊里友行さん)

 

829日、この男性は海上保安庁の隊員3人を相手に、「特別公務員暴行陵虐致傷容疑」で刑事告訴状を那覇地方検察庁名護支部に提出、約2週間後、検察庁は告訴を受理している。この事件の後にも海中に海保の人間2人に海の中に数回無理に沈められた命の危険を感じた若者や、海水に顔を無理やりつけられ、海水を飲まされた若者など、海保による暴力は続いている。

 

しかし海上保安庁の公式な見解で、暴力事件を把握していないとし、佐藤雄二長官はこの事件の後でも「安全確保のため現場はよくやっている」と評価したそうだ。海保隊員の暴力を容認する態度に、地元の琉球新報社は912日付の社説で、「海保は無抵抗な市民に暴力をふるう異常さに気づき、警備活動から手を引くべきだ」とまで断じている。

 

ボーリング調査が始まった直後、沖縄防衛局と海上保安庁は、辺野古沖に19隻のもの巡視船の他に、多数のゴムボート、さらには地元の漁民の船まで雇い(一日5万円と言われている)、50隻を超える船が辺野古沿岸を取り囲んだという。反対派住民が持ち出している船は小型船が3隻、カヌーが20隻ほど。「まるで沖縄戦で米艦隊に取り囲まれたときのようだった」と多くの年配の地元民が話した。

 

なぜこれほどまでに日本政府は反対運動を阻止しようと必死なのか。辺野古では以前もボーリング調査が行われようとされ、2006年に反対派市民らが海上で阻止行動に成功し、中断された。11月には県知事選もあり、その前に既成事実を作りたい政府。この強硬姿勢の背景には何があるのか。

 

1966年に米軍が既に計画していた辺野古基地構想

 

ラムズフェルド元米国防長官が「世界一危険な米軍基地」と評した普天間空軍基地。住宅地が隣接している普天間基地が危険すぎるから早期に辺野古沿岸に移設しなければならない言う代替基地建設の理論が、日本政府と大手マスコミや一般に言われている。

 

これに対し、沖縄平和市民連絡会共同代表の真喜志好一氏は述べる。「そもそも、普天間飛行場が危険だから辺野古に移そう、と言う理由は、強引な後付けと言える。米国では滑走路の端から延長上4500m、幅900mに住宅や学校があってはならないことになっている。この範囲に住宅や学校や病院まである、米国の基準に合わない普天間飛行場は即時返還すべきものである。辺野古に基地を建設しなければ、普天間が固定化されてしまうと言う理論は根本からおかしい。」

 

さらには、真喜志氏によれば、現在ある辺野古新基地建設の計画は実は1966年からあったそうだ。当時の海軍が作成したMaster Plan of Navy Facilities on Okinawa Ryukyu Island, 1966 (沖縄琉球島における海軍施設のマスタープラン1966)には、すでに大浦湾の現在計画されている場所への軍港建設と隣接する2本の滑走路を含んだ辺野古沿岸飛行場建設の図面が明記されている。しかし当時はベトナム戦争の最中で、予算がなかった米軍は計画を棚上げしていたそうだ。


(下図参照)
 
Master Plan of Navy Facilities on Okinawa Ryukyu Island, 1966

辺野古の2本の滑走路も大浦湾沖の軍港も描かれている。

 

現在、米海兵隊が予算削減対象となっている中、日本政府の思いやり予算を使って辺野古新基地の建設ができれば、米軍にとって理想的である。1978年から導入された思いやり予算は、現在までの総額で3兆円を超えているが、2010年菅直人政権の下で毎年1800億円ずつ拠出することが合意され、2011311日の東日本大震災が起きた直後の331日にも、市民グループの反対運動や署名活動に関わらず、5年分の継続予算が民主・自民の賛成多数で国会で通っている。

 

また、新基地建設により、地元の建設業者やゼネコンが儲かるという利権絡みの構図がある。基地の広さは160ヘクタールで、10トントラックで350万台分という土砂で埋立てを行い、1200メートルの滑走路2本と軍港が建設される。建設費用は当初の5000億から3倍の15000億に跳ね上がり、完成には10年かかる。

 

国際的に注目を浴びつつある辺野古問題

 

国内的に安倍政権のもと、強硬に進められようとしている辺野古新基地建設に対し、国際的には反対の動きがみられる。20123月、国連人権差別撤回委員会(CERD)は、辺野古の新基地建設を行おうとしている日本政府に対し、警告を発し、情報提供を求めた。また2014831日にも再びCERDは、沖縄県民を先住民族として、彼らの意見や権利、文化を尊重するようにという最終勧告を出した。

 

辺野古新基地問題が影響を与えるは、沖縄の人々にだけではない。人魚のモデルと言われるジュゴンは、沖縄の昔ばなしでは海の神の遣いとして、人々に子孫繁栄や津波回避を教えたという言い伝えがあるほど神聖な動物とされ、今でもコミュニティーによっては儀式にも使われると言う。

 

200か国以上の政府、1200のメンバー団体と900以上のNGO11人以上の科学者からなる世界最大の自然保護団体、国際自然保護連合(IUCN)は、2000年、2004年、2008年と3度も「沖縄、辺野古のジュゴンへの基地建設による環境影響評価とジュゴンの保護計画を策定することを日米政府に求める」の決議を採択している。

 

さらに辺野古の反対闘争で今、国際的に最も注目を集めているのは、日米にまたがった「ジュゴン訴訟」であろう。ジュゴンは日本でも米国でも絶滅危惧種に指定されている海洋哺乳動物である。日本哺乳類学会は、97年の時点で沖縄に生息するジュゴンは50匹以下と調査、日本政府の最近の調査でも少なく見積もった場合は、沖縄にいまや「たった3頭」しかいないと言う。非常に神経質で音に敏感、船のエンジン音を聞いただけで逃げ出す性質だと言うが、米軍基地予定地の辺野古はジュゴンの北限の生息地だ。

 

2003年、ジュゴンを先頭にして3名の個人、日本の3団体と米国の2団体が、当時のラムズフェルド米国防長官と国防総省を相手に、米国の「National Historic Preservation Act (NHPA=国家歴史遺産保護法)」違反で提訴するという画期的ないわゆるジュゴン訴訟が起きた。NHPAで動物を問題にし、しかも米国外を舞台にして行う訴訟は前代未聞だそうだ。

 

ジュゴン保護キャンペーンセンターの国際代表である吉川秀樹氏は、NHPAを訴訟に用いた理由をこう述べる。「ジュゴンは日米で絶滅危惧種なのだから、米国版の「種の保存法」(Endangered Species Act)を使えば、建設は直ちに停止できる効力を持ちえた性質のものだったが、米国外での適用についての条項がなく、NHPA法を使えば、米国外の問題でも米国で訴訟ができるのです」。NHPA法では米国が国外で行う活動においても相手国の同等の法で保護されているものは保護しなければならず、米国が守らない場合は何人も米国を訴えることができると定めている。日本のNHPA法に相当する文化財保護法で天然記念物に指定されているジュゴンはもちろんこの範疇に入る。

 

2008年、サンフランシスコ連邦地裁パテル判事は歴史的な中間判決を出した。「1、米国防省がNHPA法を違反した事、2. 米国防省は、辺野古基地建設計画に責任を持ち、ジュゴンに及ぼす影響を低減するため、日本側の環境アセスを評価すると共に、独自の評価を行う事、3、評価の過程において関係個人や団体と協力体制をしくこと」というものだった。

 

これに対し、米国防省もWelch2010と呼ばれる独自の評価書類を作成したが、なぜかその書類の開示はせず、日本の環境アセスを待っているとしていた。そして、20144月に日本の防衛省が作成した2012年の環境影響評価書を元に「基地建設はジュゴンに最低限の影響しか与えない」という同じ結論の報告書を出したと言う。ジュゴン訴訟の原告団は、国防省の結論が事実に基づかず、恣意的であること、また2008年の判決内容に反して、国防省がまったく関係者に情報開示も相談もなく報告書を提出したことに不満を募らせた。

 

さらに環境影響評価を行った沖縄防衛局自身も、埋め立て予定地に20096月から20135月までの間に7回もジュゴンの食痕を見つけており、事後報告書には記している。最近も、日本自然保護協会が20145月から8月の3か月の間に埋め立て予定地そのものでジュゴンの食痕が118か所も見つけている。しかし、このことを防衛局に市民らが問いただしても環境影響評価に反映させる意思は見られない。

 



琉球朝日放送(QAB)より

 

ジュゴン弁護団は731日、「国防総省がNHPAを充足するまでは隣接するキャンプシュワブ、または計画地域への業者の立ち入り許可を無効とすること」を追加申立てを行い、米サンフランシスコ連邦地裁は815日に受理した。早ければ、半年以内に結論が出るという。

 

818日、基地反対派として選出された名護市長をはじめとする多くの市民の反対に関わらず、辺野古沖でボーリング調査が開始された。

 

11月には沖縄県知事選もある。201312月に埋立て許可を出した「辺野古新基地推進」の仲井真弘多県知事に対し、「辺野古基地新設はせず、観光業など別の産業で沖縄を経済的に発展させたい」という那覇市長の翁長雄志氏、2013年政党そうぞう代表時に辺野古の推進の政策協定を維新の会と交わしながらも知事選では「基地の是非は住民投票で」を掲げた下地幹朗氏が出馬を決意。さらに916日、民主党沖縄県連が、辺野古移設反対の喜納昌吉氏の擁立を決定した。

 

混戦が予想される沖縄県知事選だが、現在のところ、辺野古移設推進の現知事に対し、待ったをかける候補者が3人もいるので票割れし、推進派の仲井真現知事が当選する可能性もあると言われている。

ただし同時に進行中のジュゴン訴訟の追加申立ての判決結果も半年後くらいに出ることが予想され、判決によっては辺野古工事現場へのアクセス不許可という事態も起こり得る。今後の展開が待たれるところである。





Endangered Dugongs Threatened by US Henoko Base Plan Originated since 1966


 


 


By Mari Takenouchi, freelance journalist in Okinawa, Japan

October 8, 2014

 


A dugong eating seagrass (Source: http://en.wikipedia.org/wiki/Dugong)

 

Only 3 (?) Dugongs in Okinawa and Planned US Base

 

Due to the resemblance of a mother dugong breast-feeding a baby dugong, sea mammal “dugongs” are said to be the “model of mermaids.”  In Okinawan old fairy tales, dugongs are depicted as messengers of Sea God, who told people how to procreate and in some cases warned people to avoid tsunami.  Even today, dugongs are used in sacred rituals in some communities in Okinawa.

 

Dugongs are regarded as “endangered species”. In 1997, Mammalogical Society of Japan estimated the number of Okinawan dugongs less than 50, and in 2006, Japanese Ministry of Environment estimated “five” at minimum, and now the Japanese government estimates only “three” at minimum. 

 

Dugongs are very sensitive to noise, and they swim away as soon as they hear some engine noise of a boat. In Japan, they are specified as “natural monument” and giving any impact on their habitat is prohibited.  However, by reclaiming the sea with 21 million cubic meters of soil, equivalent to 3.5 million times of 10-ton dump truck loading, a new US airbase and military port is going to be constructed at Henoko, in pristine east coast of Okinawa, the northern limit home of dugongs.

 

Unprecedented Dugong Lawsuit

 

In 2003, a historical law suit was initiated by plaintiffs of Japanese and US individuals/organizations against the US Department of Defense and Mr. Donald Rumsfeld, the then Secretary of Defense for the alleged violation of the NHPA (National Historic Preservation Act). This case is quite unique in the context that an animal became the subject of the case under NHPA law, and also the case is over a controversy outside of the US. 

 

Mr. Hideki Yoshikawa, the international director of Save the Dugong Campaign Center explains the case as follows.  “If we used the US Endangered Species Act, it could have been powerful enough to immediately halt the construction of the Henoko US base since dugongs are endangered species in both countries, but the applicability of the Act on international case was not clear.  Meanwhile, NHPA has an international clause that can allow a matter in a foreign country to be tried in a US court.”

 

In January 2008, US Federal District Court in San Francisco delivered its historic interim ruling in favor of plaintiffs, which were roughly as follows; 1. DOD violated NHPA, which requires DOD to “take into account” of effects on the Okinawan dugongs, 2. DOD has the obligation to evaluate Japanese assessment and come up with its own additional information/consideration to protect dugongs. 3. During the process of 2, DOD must engage host nation and relevant individuals and organizations in a cooperative partnership.

 

To this ruling, DOD prepared its own assessment document called Welch 2010, which has never been disclosed till today for some unknown reasons, and waited for the Japanese Environmental Impact Statement (EIS) in 2012.  In April 2014, DOD released a document called “US Marine Corps Recommended Findings” based on Welch 2010 and EIS, concluding that the construction and operation at Henoko and Oura Bay would have “no adverse effect” on dugongs because of the extremely low probability of dugongs being in the area.

 

However, even Okinawa Defense Bureau (ODB) has found dugongs’ feeding traces since June 2009 to May 2013 for seven times on the reclamation site itself, which has also been recognized and documented by US Marine Corps, but ODB and DOD concluded that there would be “no adverse effect on dugongs” saying that the number of traces are limited.  There have been strong argument against this, saying that the limited number of traces is simply due to the very limited number of total Okinawan dugongs. The group of plaintiffs complained that the DOD’s conclusion is arbitrary and lacks a factual basis and that DOD had not included related parties in partnership at all before reaching such conclusion.

 

In addition, recently, Japanese Nature Protection Association have found more than 118 dugongs’ feeding traces directly on the reclamation site only in 3 months from May to July 2014.  These important follow-up findings have not been reflected nor to be reflected in the evaluation of ODB or DOD in spite of citizens groups’ calls.

 



*The red spots are dugong’s feeding traces found in May and June 2014 in Oura Bay.

The brown area in the middle is the planned reclamation site. (Source: QAB, Ryukyu Asahi Broadcast Company)

 

Drilling Survey Started Right After Additional Claim

 

On July 31st, the plaintiffs of Dugong Lawsuit filed additional claim for prohibiting the access to adjacent Camp Schwab for reclaiming Henoko construction site until DOD fulfills its duties for NHPA by engaging related parties in their process of evaluation to avert DOD’s arbitrary conclusion.  On August 15, the San Francisco Federal Court accepted the plaintiff’s claim and is now working on their proceedings.

 

Only three days after that, on August 18, the controversial drilling survey started at Henoko in the midst of outcries of opposing citizens both in front of the Camp Schwab gate and on the sea of Henoko.  Government of Japan seems to try to create a fait accompli by forcibly going forward with the Henoko reclamation work.  However, if the court rules in the favor of Dugong Lawsuit plaintiffs again, the construction work itself could be suspended, and this critical ruling may come out in 6 months.

 

Henoko US Base Planned since 1966

 

Currently, both Japanese government and pro-base incumbent Okinawan governor Mr. Hirokazu Nakaima, and some major media companies advocate the necessity of constructing a new base at Henoko in exchange of closing the Futenma Air Base located in the middle of densely populated areas with residences, local schools and hospitals. Even the former DOD Secretary Donald Rumsfeld (one of the accused for the Dugong Lawsuit), called Futenma Air Base as “the world most dangerous US base.”

 

Mr. Yoshikazu Makishi, a renowned Okinawan architect and also a plaintiff of Dugong Lawusuit reveals the fact that the design of new Henoko US base has been existing since 1966.  According to “Master Plan of Navy Facilities on Okinawa Ryukyu Island (1966),” both the naval facilities and air base designs are written around Oura Bay and Henoko.  (See below)



“Master Plan of Navy Facilities on Okinawa Ryukyu Island (1966)” by US Navy, which is clearly providing the original plan of currently controversial Henoko US Base.

 

Mr. Makishi says that Oura Wan (Bay) can provide deep water port if reclamation is done on its coast.  At the same time, if they reclaim the shallow sea of Henoko next to Oura Bay, they can build an air base next to the naval port, which is ideal for their military strategies.  However, this original plan was made during the time of Vietnam War and the US shelved the plan due to the tight budget.

 

Today, the US government can use the Japan’s “host nation military support budget” while the US defense budget allocated for Marine Corps has been shrinking. (Japanese government decided to provide annual host nation military budget of 1.7 billion dollars even after 2011 Great East Japan earthquake in spite of opposition from citizens’ groups)  For the side of Japan, general constructors can make profits through building the state of the art US base at Henoko.

 

Mr. Makisi further explains as follows. “To begin with, relocation of Futenma to Henoko” itself does not make sense.  “In the US, there is a regulation that there should not be any residence within 4500 meter length and 900 width from the end of any runway.  However, as for Futenma Air Base, there are houses and even schools in this zone.  Futenma does not comply with the US regulation and should be abolished immediately without any condition.  It is quite absurd that both US and Japanese governments say that Futenma could become a permanent air base if a new Henoko base cannot be constructed.”

 

Increasing International Attention

 

Majority of the Okinawan people are against the further extension of the US Base in Okinawa, which has already 74% of the total US bases in Japan, though Okinawa is only 0.6 % of total Japanese land area. 

 

The world biggest environmental organization, IUCN (International Union for Conservation of Nature), with 1200 member organization including more than 200 governments and 11000 scientists, adopted three resolutions to recommend the US and Japanese government to conduct environmental impact assessment and to draw a plan to protect Okinawan dugongs in 2000, 2004, and 2008 respectively.

 

In March 2012, the United Nations Human Rights Office of High Commissioner Committee for Eliminating Racial Discrimination (CERD) gave warning to the government of Japan concerning the construction of new US base in Henoko and in November of the same year, CERD asked for further provision of information on the planned new US Henoko base. On August 30 2014, CERD sent its final recommendation to the government of Japan to regard Okinawan people as the local indigenous people and to respect their rights, public opinions, and culture.  In this way, international attention has been mounting on the issues of Okinawa. 

 

On August 22 and 23, fourth and fifth days after the drilling survey was started by Okinawa Defense Bureau, a Japanese TV camera coincidently captured a dugong swimming and calling out in the adjacent of the planned reclamation site.  In fact, DOD and the Okinawan Defense Bureau themselves have admitted the existence of Dugongs in this area.  Some local residents say, “The dugong must have visited to make a complaint on the start of drilling work at the planned Henoko US base.”