2014年8月26日火曜日

True History of Henoko 辺野古の真実の歴史

It was year 2000 when I got aware of Henoko US base issue when I was asked to do volunteer interpreting for citizens groups in Okinawa, where the Summit was being held in that year.
 
私が沖縄の基地問題や辺野古問題を知ったのは2000年の時で、沖縄でサミットがあったその年、市民団体による国際会議がありましたがボランティア通訳としてきたときでした。
 
It was a beautiful beach with rare sea mamal, Jugongs and during the break time of the meetings, I went into the sea with my suit on!
 
希少動物のジュゴンもいると言うとても美しいビーチで、国際会議の仕事の合間に、ワンピーススーツを着たまま、ざぶざぶと海に入った記憶があります。
 
In the middle of August 2014, despite majority of Okinawans' opposition, drilling survey has forcibly been started.
 
今月中ごろ、大多数の沖縄県民の反対に関わらず、その美しい海のボーリング調査が始まりました。
 
I moved to Okinawa after Fukushima nuclear accident, but I could not do much on this US base issue, since I have been too busy with radiation issues.  However now is the time when citizens should stand up.
 
福島原発事故の後、沖縄に移り住みましたが、被曝問題が忙しく、なかなか基地問題に取り組めませんでしたが、今が正念場。
 
I would like to write in Japanese and in English so that people in the world can get to know what is going on in Okinawa.
 
少しでも何が起きているかを日本語と英語で記録に残し、世界に知らせたい。
 
Dear citizens in the world, please share this blog and youtube videos.
Thank you.
 
ぜひ、このブログと動画を拡散して下さい。ご協力ありがとうございます。
 
********
 
このページでは辺野古の問題を知るために、非常に良いお話をしてくださった座り込みテントのシノハラさんをご紹介します。
 
Let me introduce the interview with Ms. Shinohara,who has been acting in the Henoko tent for many years.  Her explanation is excellent for understanding Henoko issue.
 
 

 



私の名前は、シノハラタカコと申しまして、名護に14年間住んでいます。

My name is Takako Shinohara living in Nago for 14 years.

96年に辺野古の米軍基地の計画が決まりました。

In 1996, the plan for constructing Henoko US base was decided.

97年の1月に市民たちが基地反対をすることを決めました。

In January 1997, the citizens decided to oppose to the plan and this tent was built.

その後、説明もなしにボーリング調査が何の許可もなく始まろうとしました。

They tried to do the drilling survey without getting any permission or explanation off the shore.

それで非暴力の座り込みが始まったのが2004年の4月19日です。その日から3779日というのが看板の数字の意味です。

3779 days mean, in 2004, April 19th, the citizens started sit-in to oppose to Henoko air base.  Originally they planned the construction off the shore.


この時の沖合の調査を私たちが船やカヌーを出して当時は撤回させることができました。

The original off the coast plan was withdrawn due to strong opposition by our ships and canoes.

それで米国はその後、V型の滑走路にしました。それが決まったのが2006年の4月です。

Then they came up with the V-shaped runway, which was agreed in April 2006.

どこに作られるのかといいますと、あの一番左にある塔がありますね。
地図上ではここでは、ここです。そこから海側の部分が埋立てられます。白い建物も含めたエリアです。

地図上ではこの茶色い部分で、このエリアから海がなくなります。

Let me explain where they are.  You can see the iron tower in straight view on the leftist.
That is here on this map, and the ocean up to the white building will be reclaimed.
The brown area on this map will be reclaimed.

あの三連になった島の手前に岩がありますが、あの岩から手前からの海です。

10メートルの高さで1.8kmに渡る埋立となります。

From the front side of the big rock, they will reclaim the land.

The reclamation land will be 10-meters high and 1.8km length.

これが夜間飛行のための侵入灯ですが、これはあちら側の半島まで続きます。

For night flights, they will put the light poles up to over that peninsula.

この計画は一般的に、「普天間基地が危険だから海側に移すことで、沖縄の負担軽減をする」と言っています。でも実はそうではありません。

They say that they will relocate the dangerous Futenma Air base to Henoko, but this is not true.

この計画は実は1957年からあったのです。キャンプシュワブは1957年に建てられ、そのわずか7か月後に軍港を作って滑走路を造る計画があったのです。

Actually their plan started in 1957.  Camp Shwab was built in 1957 and only 7 months later, they wanted to enlarge the base by building additional runways.

その設計図がアメリカの公文書から出ています。2003年のサンフランシスコ地裁でジュゴン訴訟が起きてからこの文書が出てきたのです。

This was revealed from the US archive when the Jugon lawsuit started in 2003 at San Fransisco District Court.

そして海兵隊というのは、タイ、フィリピン、韓国、オーストラリアなどのアジアの国々で演習をします。

US Marin Corps carry out practices in many Asian countries, like in Korea, Australia, Thailand, the Phillipines, etc.

その移動手段として軍港が必要なのです。オスプレイを含むヘリコプターを載せ、中には水陸両用車も船が運びます。あのような大型の船の本体の中にそういうのをいれて運ばないといけないのです。

For transporting means, they need this kind of fleet for carrying helicopters and even Osprays.

当然軍港がないと沖縄にないと不便ですが、今はそのような軍港は沖縄にないので、長崎からわざわざ持ってきているのです。

今は長崎の佐世保にあり、不便なのです。

There is no military port right now which can have such big ships.
Currently they are using Sasebo, Nagasaki but it is not convenient enough.

軍港をつくる場所として、大浦湾は、ここまで埋め立てれば水深が30mもあって、便利であると当時から彼らは見抜いていたのです。

This Oura Bay is suitable since it has 30meter depth if we reclaim some area. They already knew it since old days.

1966年には既に米国はつくろうとしていたのですが、ベトナム戦争をやっていて、お金がなく、棚上げされました。

In 1966, they were trying to build the military port but it was in the middle of Vietnam War and the US military didn't have enough money, so the plan was shelved.

それを普天間の危険性を利用して、日本のお金を使って辺野古に基地をつくろうとしているのです。

Then making this opportunity, they are now making Japanese money to build Henoko Air Base.

日本はそれによってゼネコンが儲かると言う利益があり、また自衛隊が作りたがっているという意向もあり、利権がからんでいるのです。

This is also beneficial for Japanese such as general constructors and Self Defense Forces who can utlilize this base.

実際、沖縄の海兵隊と陸上自衛隊は数年前から合同演習をやっていて、年々数が増えています。

As a matter of fact, the US and SDF joint exercises have been conducted since several years ago.

海兵隊自体は、米国の国防費の削減対象となっていて、今後2万人の海兵隊人員削減も決まっており、同盟国との協力で維持したいと言う意図もあります。

The US Marine corps is subject to buget cut with the plan of 20000 personnel cut, and the Marin's intention is to keep their existence.

日本政府も、軍事強化をしようとしています。沖縄に基地の拠点とすることで、両政府とも軍事産業の利権を共にしているのです。

From the Japanese side, govenment is trying to make Okinawa as military hub so that military industries can make benefits.  So it is good for both governments.

このような不都合な真実を隠そうとして、負担軽減をすると言いながら、最新鋭の基地を作って沖縄にいいように犠牲を押し付けているのです。だから沖縄の人々はこれだけ反対をしているのです。

So this is not to cut the burden of Okinawa but actually both the governments want to deply the state of the art military technology in Okinawa.  This is the inconvenient truth.

That is why we are all against the construction.

沖縄の人にとっては海は宝です。ここは唯一ジュゴンが食べるもが生えている湾です。またサンゴもとても良い状態で保たれています。人々は新基地建設でこの環境を壊されたくないのです。

For Okinawan people, the sea is their treasure.  This bay has rare alges rare Jugongs feed on.
Also the chorals are preserved in a good condition and Okinawa don't want the destruction of them by constructing the new base.

74%の米軍基地が沖縄に集中し、さらなる基地を作ると言う事は許さないと、若い人からお年寄りまで訴え、こちらに集まっています。

74% of US base is located in Okinawa and they are trying to make the state of the art base putting additional base in Okinawa.

From youngsters to elderly peole, they are really against the construction of US base.

最近のニュースです。

Let me show you the recent news.

私たちはここにいます。
We are here on this map.

そして埋立地はこの黒のエリアです。
The reclamation area is here in black circle.

米軍の「第一水域」と言って入ってはいけないと言う地域はこの水色の地域でした。
それを日米政府が沖縄に何の許しもなしに、このエリアを広げました。

This is called the No1 water area with light blue lines, 50 meters off the coast originally.  But that was changed by US and Japanese govenrments without getting any permission from Okinawa.

今ピンクのエリアが立ち入り禁止で入れば逮捕もできます。

The new pink area is off limit where people can get arrested. 

というのもボーリング調査をこのエリアでやっているので、政府は人々を追い出したいのです。

Since they are conducting drilling survey in the area, they need to kick people out.

沖合で以前ボーリング調査をやっていた時に市民が2005年に阻止できました。

Since they failed once time in 2005, when they tried to do the drilling survery, the citizens stopped.

今回は自衛隊と海保が、漁民までやとって我々を入れないようにしているのです。

This time, SDF and Coastal guard and additionally, they even hired fishermen's boats.

私たちの船はせいぜい3,4席でカヌーは20隻くらい。丸腰の市民にこのようなことをしかけてくるのは異常です。

Our side has only 3 boats and 20 canoes but for non-violent citizens they dispatched so many patrol boats and other kinds of boats.

世界の人々にこの現状を知ってほしいです。

I want the world people to know the current situation.

私たちは負けるつもりはありません。

We have a resolution not to be defeated.

どうもありがとうございます。

Thank you very much.


参考:Extra News!

こちらも現在進行形の大変なニュースです。

8月22日、辺野古のカヌー活動家、海保から暴力を受け、全治10日間の首のけが
29日、同男性が複数の弁護人と共に、那覇地方検察庁名護支部に、告訴状を提出。

On August 22, Henoko anti-base canoe activist injured by Japan Coast Guard man .
On 29, the man along with his lawyers submitted a criminal accusation against 3 Japan Coast Guard personnels to the Naha Local Prosecutors' Office Nago Branch.

 





2014年8月6日水曜日

アナと雪 Let it Go:竹野内真理版の翻訳(英語の方が日本語より意味が深い)と替え歌

Now in 6 languages! 6か国語になりました!
Evacuate kids and pregnant women! 子供と妊婦を疎開させての署名
http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073
 
This one has English explanation afterwards
 
 
This one was slightly better sung by me and my son (without explanation)
マイクの調子が悪く解説なしなのですが、歌自体はこちらの方がましに歌えている(息子も)
 
 
 
ありのままにの英語を歌詞付で聞いたとき、私は惚れこんでしまいました。その位、いい歌だったのです。
I fell in love with the song, "Let It Go" once I heard it with the lyrics.  It was such a great song for me.

一方、日本語で聞いたとき、意味がずっと浅くスケールダウンしていたので、少しがっかりしました。日本語の場合はなんだか個人の話に集約している。

However, when I heard it in Japanese version, I felt a bit dissapointed because the scale of the lyrics was shrunk to a mere personal experience.

この歌は日本語にある「特殊な能力に引け目を感じ、自信のない少女がそこから抜け出す」と言うスケールの小さい話ではないのです

This song is far beyond the song of a girl who gained confidence and went out to the outer world from her withdrawn personal way of  living, which was depicted in the Japanese song.
 
英語の元歌では、もっと壮大なスケールの歌。特に、ネット検索しても思うような翻訳がなかったので、自分で訳しました。(普段私は詩の翻訳はしませんから非常に珍しいのですが)

In the original English song, the meaning is in a much larger scale.  I could not find any satisfactory translation on the net either, so I translated it into Japanese below. 

以下の4行は特に、私の琴線に触れました。

Especially the following 4 lines struck my heart
 
 
My power flurries through the air into the ground 
私の力は 空を舞い上がり、地中をめぐる
 
彼女の力は無限なのです。空を舞い、地中を巡る、大げさでなく地球規模の力です。
Her power goes up to the sky and around the earth, which is an infinite power.
 
My soul is spiraling in frozen fractals all around 
私の魂は あちこちで相似形の結晶となり 螺旋を描いて広がる



それは彼女のみにとどまらない。彼女の魂は、あちこちで相似形の結晶Frozen fractalsとなり、螺旋を描いて世界に広がっていくのです。すなわち、世界のあちこちの魂に呼応して、それが巡り巡って拡散していくのです。
Her soul is not contained to herself.  Responding to her soul, it becomes in many fractals all around the world and gets disseminated in spiral ways.

And one thought crystallizes like an icy blast 
 
想いは爆発した氷のような結晶となって
 
そして、ついには共鳴した魂たちが爆発的に反応し、美しい結晶を形成するのです。
In the end, it becomes a form of a beautiful icy crystal after the explosion of resonated souls.
 
I'm never going back, the past is in the past 
もう二度と戻らない、過去は過去に置いていくわ

 

 
こうなったらもう後にはひけないでしょう。
Then there is no way back and there should not be.

そしてもう一つのキーポイントが、以下です。
Another key point is below.
 
The cold never bothered me anyway! 
寒さにはもともと強いのだから


彼女は今まで寒さに耐えてきた人なのです。それもこの歌のキーポイント。だから、彼女がずっと耐えて秘めてきたものは、壮大な力を発揮するのです。

She has been enduring hardships/coldness of the society.  This is another key point.  With a lot of endurance, her hidden soul gives out such a power which goes beyond.

今まで順風万帆のぬくぬくした人では、このような鬼気迫った力は発揮できないのです。

Maybe those who had confortable way of living cannot emit such energy and influence.

歌というのは、その時、聞いた受け手の側の感じ方でいろいろ変るものです。他の解釈もあるかもしれません。

Maybe songs can be heard different way according to each listener.

しかし、今の私には、これと同じような状況が、今私の訴える福島の子供の窮状についても広がってくれないかという願いを込めて歌いました。

But for me, I hoped the movement focusing on the plights of Fukushima kids could be disseminated throughout the world.

被曝に関しての運動は、元々有名な団体や人が既に結晶を作りあげ、それに人々が従うのではないと思います。それをすると往々にして権力側が初めからそういう団体や人を配置して、民をたやすく誘導してしまいます。

Especially as for anti-radiation movement, it should not be formed by famous organizations/people, which then followed by the people.  In such a scenario, the authority often sends out personnel so that they can manipulate the people's movement.


そうではなくて、人々一人一人の思いや行動が相似形となって広がり、それが最後に爆発的に結晶を形作るものだと思います。

Rather, it should be the form where each citizen's movement can be spread in fractal forms here and there, and in the end, it crystalizes in a exploding momentum.

そうでなければ広がらないと思っています。

Otherwise, the true movement cannot prevail, I believe.

 


Let them Go 子供たちを逃がしてあげて
---
89 thyroid cancers kids
 89人の甲状腺がんの子供
Not a warning to be sent
 警告ひとつ発せられない
A kingdom of isolation,
隔たれた国、
and it looks like I'm the queen
そして私はそこの女王みたい
The wind is howling like this swirling storm inside
風はうなる 私の心の嵐のように
Couldn't keep it in;
もう十分抑えてきたわ 
Heaven knows I tried
 神様は知っている

Don't let them go,
誰も(汚染地帯から)離れさせずに
don't let them see
 誰にも(真実を)見せずに
Be the good girl you always have to be
 いい子を演じて
Conceal, don't feel,
隠して、感じないようにして
don't let them know
 気づかれないように、と
Well now they know
 でももう、子供たちには知られてしまっている

Let them go, let them go
 子供たちを逃がして 子供たちを行かせて 
Can't hold them back anymore
 これ以上居させられない

Let them go, let them go
 子供たちを逃がして 子供たちを行かせて
Turn away and slam the door
 向きを変えてドアをバタンと閉めて
I don't care
 もう気にしないわ
what they're going to say
 彼らが何を言おうと
Let the storm rage on.
  嵐よ、吹き荒れなさい
The cold never bothered me anyway
 寒さにはもともと強いのだから
 

It's funny how some distance おもしろいわね 距離を置いてみると
Makes everything seem small
 すべてが小さく見える
And the fears that once controlled me
 私を支配していた恐怖も
Can't get to me at all
 もう私には関係ないわ

It's time to see what I can do
 今がその時 やってやるわよ
To test the limits and break through
 限界を試して さらに超えるの
No right, no wrong, no rules for me,
 正しいとか間違ってるとか、ルールなんかない
I'm free!
私は自由よ!

Let them go, let them go
 子供たちを逃がして 子供たちを行かせて
I am one with the wind and sky
 私は風となり空となる
Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
You'll never see me cry
 もう泣くことはないわ
Here I stand
 私はここに立つ
And here I'll stay
 そしてここにいる
Let the storm rage on
 嵐よ、吹き荒れなさい

My power flurries through the air into the ground
 私の力は 空を舞い上がり、地中をめぐる
My soul is spiraling in frozen fractals all around
 私の魂は あちこちで相似形の結晶となり 螺旋を描いて広がる
And one thought crystallizes like an icy blast
 想いは爆発した氷のような結晶となって
I'm never going back, the past is in the past
 もう二度と戻らない、過去は過去に置いていくわ


Let them go, let them go
 子供たちを逃がして 子供たちを行かせて
And I'll rise like the break of dawn
 夜明けを迎えるよう時のように立ち上がる
Let them go, let them go
 もっと自由に ありのままに
That perfect girl is gone
 完璧な女の子なんて演じないで
Here I stand
 立ち上がるのよ
In the light of day
 陽の光を浴びて
Let the storm rage on
 嵐よ吹き荒れなさい

The cold never bothered me anyway!
  寒さにはもともと強いのだから

 
元の英語の歌と竹野内の翻訳
Let it Go ありのままに


The snow glows white on the mount tonight
山では今夜 雪が白く輝き
Not a footprint to be seen.
足跡一つ見えない
A kingdom of isolation,
隔たれた王国、
and it looks like I'm the Queen
そして私はそこの女王みたい
The wind is howling like this swirling storm inside
風はうなる 私の心の嵐のように
Couldn't keep it in;
もう十分抑えてきたわ 
Heaven knows I tried
 神様は知っている

Don't let them in,
誰も入らせずに
don't let them see
 誰にも見せずに
Be the good girl you always have to be
 いい子を演じて
Conceal, don't feel,
隠して、感じないようにして
don't let them know
 気づかれないように、と
Well now they know
 でももう、知られてしまったわ

Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
Can't hold it back anymore
 これ以上我慢なんて出来ない

Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
Turn away and slam the door
 向きを変えてドアをバタンと閉めて
I don't care
 もう気にしないわ
what they're going to say
 彼らが何を言おうと
Let the storm rage on.
  嵐よ吹き荒れなさい
The cold never bothered me anyway
 寒さにはもともと強いのだから

It's funny how some distance
 おもしろいわね 距離を置いてみると
Makes everything seem small
 すべてが小さく見える
And the fears that once controlled me
 私を支配していた恐怖も
Can't get to me at all
 もう私には関係ないわ

It's time to see what I can do
 今がその時 やってやるわよ
To test the limits and break through
 限界を試して さらに超えるの
No right, no wrong, no rules for me,
 正しいとか間違ってるとか、ルールなんかない
I'm free!
私は自由よ!

Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
I am one with the wind and sky
 私は風となり空となる
Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
You'll never see me cry
 もう泣くことはないわ
Here I stand
 私はここに立つ
And here I'll stay
 そしてここにいる
Let the storm rage on
 嵐よ吹き荒れなさい

My power flurries through the air into the ground
 私の力は 空を舞い上がり、地中をめぐる
My soul is spiraling in frozen fractals all around
 私の魂は あちこちで相似形の結晶となり 螺旋を描いて広がる
And one thought crystallizes like an icy blast
 想いは爆発した氷のような結晶となって
I'm never going back, the past is in the past
 もう二度と戻らない、過去は過去に置いていくわ

Let it go, let it go
 もっと自由に、ありのままに
And I'll rise like the break of dawn
 夜明けを迎えるよう時のように立ち上がる
Let it go, let it go
 もっと自由に ありのままに
That perfect girl is gone
 完璧な女の子なんて演じないで
Here I stand
 立ち上がるのよ
In the light of day
 陽の光を浴びて
Let the storm rage on
 嵐よ吹き荒れなさい

The cold never bothered me anyway!
  寒さにはもともと強いのだから

 
Japanese version of Let it Go
ありのまま日本語版、替え歌
 


ありのまま替え歌と英語訳
Let it Go Fukushima Version  By Mari Takenouchi and her son under threat

89人の甲状腺がん 89 Thyroid cancer kids
ほとんどが転移の福島の子供  Most of them got metastasis in Fukushima
風が心にささやくの  The wind wispers to my mind
 このままじゃ ダメなんだと Cannot keep this way
とまどい 傷つき  Confused and hurt
誰にも 打ち明けずに 悩んでた I was asking to myself without consulting to anyone
 それももう やめよう But I will guit that
ありのままの 姿見せるのよ I will let myself be what I am
 ありのままの 自分になるの I will be myself
何も怖くない 風よ吹け I am not afraid of anything, Let's evacuate
少しも寒くないわ I do not feel cold at all
悩んでたことが うそみたいね I cannot believe I was deep in confusion
 だってもう自由よ なんでもできる Cause I am free and I can do whatever
 どこまでやれるか I will see what I can do
自分を試したいの to test myself
 そうよ変わるのよ わたし Yes, I am going to change
ありのままで 空へ風に乗って I will be myself with the sky and the wind
 ありのままで 飛び出してみるの I will go outside being myself
二度と 涙は流さないわ I will never cry
遠慮する心しまい込み Put away the feeling of peer pressure
高く舞い上がる 想い描いて My soul rises up with my thoughts drawn in picures
花咲く氷の結晶のように They are like flowery icy crystals
長生きしたい もう決めたの I would like to live long!  Now I decided
これでいいの 自分を好きになって This is the way for me I love myself
 これでいいの 自分信じて This is the way for me I believe in myself
光あびながら 避難しよう Let's evacuate in the light
少しも寒くないわ I do not feel cold at all



オリジナル 
ありのままに 日本語歌詞


降り始めた雪は 足跡消して
真っ白な世界に ひとりのわたし
風が心にささやくの
このままじゃ ダメなんだと

とまどい 傷つき
誰にも 打ち明けずに 悩んでた
それももう やめよう
ありのままの 姿見せるのよ
ありのままの 自分になるの
何も怖くない 風よ吹け
少しも寒くないわ
悩んでたことが うそみたいね
だってもう自由よ なんでもできる
どこまでやれるか
自分を試したいの
そうよ変わるのよ わたし
ありのままで 空へ風に乗って
ありのままで 飛び出してみるの
二度と 涙は流さないわ
冷たく大地を包み込み
高く舞い上がる 想い描いて
花咲く氷の結晶のように
輝いていたい もう決めたの
これでいいの 自分を好きになって
これでいいの 自分信じて
光あびながら 歩きだそう
少しも寒くないわ